「保険でよい歯を」東京連絡会

保険でより良い歯科医療の実現を目指し、活動しています

「保険でよい歯を」東京連絡会


「保険でよい歯を」東京連絡会は、医療を受ける側と提供する側が、ともに手を携えてよい歯科医療ができるように1993年に設立されました。

一生自分の歯で過ごせることが理想です。しかし、もし歯がなくなって入れ歯になっても口から食べることができれば健康が維持できます。保険でよい歯科医療を受けられることが健康長寿につながります。保険証1枚で、安心して良い歯科医療が受けられるよう、患者も医療提供者も満足できる歯科医療を実現させるために、私たちは運動を行っています。



2024年度講演会 7/27(土)開催!

予防先進国スウェーデンに学ぶ!

健口寿命を延ばす3つのポイント


「高齢者大会in東京 歯科分科会」

口福は幸福への道しるべ


2023年11月12日、第36回日本高齢者大会が東京で開催されました。大正大学で行われた第13分科会歯科講座を「保険でよい歯を」東京連絡会が中心となって運営しました。

講師:森元 主税 氏

「保険でよい歯を」東京連絡会世話人、東京歯科保険医協会理事、保険医団体連合会副会長

  :安食 かおり 氏

東京民医連大田歯科 歯科衛生士

  :松田 康作 氏

東京民医連大田歯科 歯科技工士 



講演会口から見た子育て」

「⼦どもの発達に及ぼすマスクの影響 」などを語る  

2023年7月9日「保険でよい歯を」東京連絡会主催の講演会を開催しました。

講師:岩倉 政城 氏 

尚絅学院大学名誉教授、宮城県社会保障推進協議会会長、新医協(新日本医師協会)顧問


「保険でより良い歯科医療を」署名始まる

「保険で良い歯科医療を」全国連絡会が「保険でより良い歯科医療の実現を」という署名を開始しました。請願項目は下記の3点です。

●お金の心配せず、安心して歯科医療を受けられるよう、窓口負担割合を下げてください

●健康保険で受けられる歯科治療の範囲を広げてください

●歯科医療の充実に必要な国の予算を増やしてください


みなさまのご協力をおねがいいたします。


健康保険証を廃止しないでください

マイナンバーカードへの一本化には反対です

 私たちは健康保険証一枚で安心して歯科治療が受けられるようにと運動を続けてきまし

た。ところが10月13日河野太郎デジタル大臣が突然2024年秋に現行の健康保険証をなくすと発表しました。マイナンバーカードに健康保険証を一本化するというものです。

 そもそもマイナンバーカード取得は任意です。ポイントを付けてなんとか国民に普及し

ようとしていたものがうまくいきませんでした。それは国民がマイナンバー制度に疑問を

持ち、必要性を感じていないからです。

 国民皆保険制度の日本で健康保険証をなくすとすれば強制的にマイナンバーカードを取

得するしかなくなります。小さなお子さんや認知症の人達の取得はどうするのでしょうか

。在宅でのカードの確認はどうするのでしょうか。私たちの健康情報や過去の病気の情報

が漏洩する危険もあります。

 歯科医院は来年4月までのオンライン資格確認義務化に向けて混乱しています。インタ

ーネット接続や業者に払う経費が医院の負担となり中には廃院せざるを得ないとする医院

もあります。

 私たちは医療を受ける側、提供する側双方に問題を引き起こす健康保険証の廃止には反

対です。

2022年11月21日

「保険でよい歯を」東京連絡会


現在健康保険証を廃止しないように署名活動を行っています。下記のchange.orgのホームページからご協力お願いします。

保険証廃止やめてマイナンバーカードの強制反対